引越し村

敷金診断士(敷金バスター)を活用しての賃貸アパートの退去費用(原状回復費用)の節約やトラブル対策、引っ越し費用一括見積もりサイトを活用して引っ越し費用を安くする方法をご紹介しています。

都市ガスの解約はいつまでに行う?新居でガスの開栓は誰がする?

      2017/01/10

◆おすすめ記事
アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法

引越しに伴って、電気、ガス、水道の解約と新居での契約は不動産屋さんや引越し業者にまかせることはできません。

自分で手続きしなければいけません。

では、どのように、またいつまでに手続きすればよいのでしょうか?

いつまでに解約すればいいの?

引越しの前にガス会社に連絡しておきましょう。

引越し当日にガス会社の係員がメーターを確認しに来て、使用料金の精算を行ってくれます。

できれば引越しの1〜2週間前にはガス会社へ連絡しましょう。

最後の検針日から引越し日までの使用量が日割りで計算されます。

引越し当日に係員に現金で支払うか、新居の方へ振込用紙を送ってもらうか清算方法を選ぶことができます。

また、ガス会社によってはクレジットカードでの支払いや口座振替が可能な場合もあります。

新居は都市ガスかプロパンか、ガスの種類を引越し前に調べておきましょう。

新居で使用できないガス暖房機などガス機器があれば、事前に破棄しておきましょう。

ガス会社によっては不要なガス器具を回収してくれるところもあります。

新居での手続きは?

引越ししたその日からガスは必要です。

ですから、引越しの1〜2週間前に手続きをすませましょう。

事前に予約した日に係員が訪問して、開栓作業を行います。

自分で勝手に開栓することはできません。

ガス漏れ検査や点火確認を行うので、必ず立ち合いが必要です。

電話かインターネットで申し込みをしておきましょう。

新居での立ち合いは、都市ガス、プロパンガスのどちらの場合でも必要です。

ガス会社の連絡先は住宅の契約書、または事業者一覧に記されています。

引っ越し会社がまだ決まっていない方へ

引越し費用は安いほうがいい!

引越し一括見積もりサービスはこんな方にオススメです
  1. 引越しまで時間のない方
  2. 時間のないときに何社も電話して見積りを取り、比較検討することは手間ばかり掛かってしまいます。 引越し一括見積もりサービスは、あなたに代わって素早く希望するだけの業者から見積りを取得することが出来ます。

  3. じっくり比較検討したい方
  4. 引越し業者のサービスは同じように見えて、じつはサービス内容やオプションで微妙に異なります。 引越し一括見積もりサービスは、金額だけではなくサービス内容やオプションなども含めた見積りを取得することができるので、じっくりと引越し業者を比較検討することが出来ます。

  5. とにかく安くすませたい方
  6. 引越し費用を安く済ませるには、相見積りを取ることが最も簡単な方法です。あなたに代わって数ある引越し業者からもっとも安い業者を探してくれます。

お得なキャンペーン情報や利用者のレビューもあるので要チェック!

 - 引越し手続き