引越し村

敷金診断士(敷金バスター)を活用しての賃貸アパートの退去費用(原状回復費用)の節約やトラブル対策、引っ越し費用一括見積もりサイトを活用して引っ越し費用を安くする方法をご紹介しています。

電気の解約・開始手続きはいつまでに行う?

      2019/07/30

◆おすすめ記事
アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法

引越しが決まっても、電気、ガス、水道は引越し直前まで使いますし、新しい住まいに移ったらすぐに必要になります。

ではいつまでに解約すればよいのでしょうか?

解約の手続き

引越しの1〜2週間前に、手続きを開始しましょう。

電話かインターネットで解約できます。

手数料などは発生しません。

引越し当日までは電気を使いたいのであれば、いつまで使うかを電力会社に伝えれば、その時間まで使用できます。

もちろん、引越しの前日に止めてほしいという場合でも、その日付を伝えればその日に電気の供給を停止してもらえます。

引っ越し作業が終了したら電気のブレーカーを下ろしておきましょう。

気をつけなければいけないのは、電気を使う凍結防止設備付の給湯器です。

配管などが備わっている寒冷地のお宅では、ブレーカーを下げてしまうと水が凍結して配管などが破裂してしまうので、電力会社に事前に確認しておきましょう。

使用開始の手続き

引越しする日の1〜2週間前に新居の電気使用開始手続きを済ませましょう。

引越し当日には、住居の形態によりますが、電力会社の人に立ち会ってもらう必要があります。

新居がある地域の電力会社へ電話で連絡するか、または電力会社のホームページ上で確認しましょう。

引越し先が賃貸物件ならば、不動産屋が契約の際に連絡先を教えてくれるはずです。

または、玄関付近に電力使用申込書という書類が置かれているので、必要事項を記入して郵送することもできます。

引っ越し会社がまだ決まっていない方へ

引越し費用は安いほうがいい!

引越し一括見積もりサービスはこんな方にオススメです
  1. 引越しまで時間のない方
  2. 時間のないときに何社も電話して見積りを取り、比較検討することは手間ばかり掛かってしまいます。 引越し一括見積もりサービスは、あなたに代わって素早く希望するだけの業者から見積りを取得することが出来ます。

  3. じっくり比較検討したい方
  4. 引越し業者のサービスは同じように見えて、じつはサービス内容やオプションで微妙に異なります。 引越し一括見積もりサービスは、金額だけではなくサービス内容やオプションなども含めた見積りを取得することができるので、じっくりと引越し業者を比較検討することが出来ます。

  5. とにかく安くすませたい方
  6. 引越し費用を安く済ませるには、相見積りを取ることが最も簡単な方法です。あなたに代わって数ある引越し業者からもっとも安い業者を探してくれます。

お得なキャンペーン情報や利用者のレビューもあるので要チェック!

 - 引越し手続き