バイクの住所変更手続きと査定業者への売却の仕方

賃貸アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法
賃貸アパートを退去する方に、退去費用トラブル対策と原状回復費用と引越し料金を節約する方法を紹介しています。

引越しする際にはバイクの住所変更が必要になります。

住所変更の方法は排気量によって異なり、届け出を行う出先機関が変わるので注意してください。

住所変更の仕方を知っておけば、引越しに伴う手続きがスムーズにできるのでおすすめです。

海外に移転する場合は査定業者に売るという方法もあります。

バイクの住所変更

原付バイクの住所変更は市区町村で行います。

引越し前に転出届を出しますが、その際にバイクの登録抹消手続きを済ませておきましょう。

同一の市区町村であれば住所変更手続きを窓口で一緒に済ませてください。

他の地域に移転する場合はこれまでつけていたナンバープレートを返納し、新たなナンバープレートを発行してもらいます。

排気量が50ccを上回る場合、陸運局で手続きをします。

その際に必要になるのが車検証、自動車税申告書、印鑑、住民票、古いナンバープレートです。

海外に移転する場合

海外に移転する場合、保管しておくよりも査定業者に売却するほうが良いでしょう。

長期間保管しておくと、エンジンの故障を招く可能性があるので、査定業者に査定を依頼し、高値で売却したほうがお得です。

査定業者に売却する場合、印鑑や住民票が必要になります。

抹消手続きはすべて業者が代行してくれるので安心して売却できます。

売却後は名義変更手続きが完了したのちに、車検証の写しが日本の居住する住所に郵送されます。売却代金は手取りが基本です。

高額な場合は銀行振り込みもあります。

タイトルとURLをコピーしました