NHKの住所変更はどうやってするか

賃貸アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法
賃貸アパートを退去する方に、退去費用トラブル対策と原状回復費用と引越し料金を節約する方法を紹介しています。

引越しにはいろいろな手続きが伴います。荷造りして荷物を運べばそれでおしまい、というわけにはいきません。

必要な住所変更手続きの中に、NHKも含まれます。

引越しするとNHKの受信料はどうなる?

「引越ししたら、すぐにNHK が新居に来てびっくりした」というのはよく聞く話です。

実は、引越しの情報というのは、不動産業者、引越し業者などを通して、すぐにNHKに連絡が行くといわれています。

また、郵便局に転居届を出してもNHKに連絡が行くようです。

実は、転居届は複写式になっていて、2枚目の用紙はNHKに引越す人がいることを知らせるための通知になっているのです。

いきなり来られて不快な思いをするよりも、住所変更を事前に済ませておいた方が良いでしょう。

また、手続きをしないと、旧住所、新住所の分と二重に受信料が引き落とされる可能性もありますので気をつけましょう。

過払い分は返金されますが、手続きがややこしいうえ、非常に時間がかかります。

手続き方法は?

住所変更は、電話、ホームページ、郵送の3つの方法で行えます。

住所変更に必要な情報は、領収書に記載されているお客様番号、契約者の氏名、現住所と新住所、引越し予定日、そして新しい住所に移った場合の支払い方法です。

テレビが見られる環境に引越すなら、必要な手続きですので、早めに手続きを済ませましょう。

インターネットでなら、5分もあれば簡単に住所変更できます。

ネットに個人情報を書くのは抵抗がある、という方は電話か郵送で手続きしましょう。

タイトルとURLをコピーしました