車庫証明の住所変更はどうすればよいか

◆おすすめ記事
アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法

車を持っている場合、引越しに合わせて車庫証明の住所変更手続きを済ませる必要があります。

車庫証明の住所変更は新住所に移転後15日以内に済ませましょう。

同じ市内で移転する場合も、新たな住所へ変更することをおすすめします。

手続きを取る場合に必要な書類や記入内容などの情報をまとめてみました。

所轄の警察署に届け出る

住所が変わったら、所轄の警察署に出向いて保管場所の登録をしましょう。

警察署には申請書類が置いてありますので、必要事項を記入して提出します。事前準備として、保管場所の地図を作製し、移転先が賃貸の駐車場であれば、貸主による証明書を発行してもらいましょう。

この作業にはある程度時間がかかるので、賃貸契約を結ぶ際に、証明書を同時に発行してもらっておくと後の手続きが楽になります。

車庫証明の登録には印鑑証明書もしくは住民票が必要になるので、転入手続きを済ませてから行うとよいでしょう。

免許証の住所変更は車庫証明の手続きの際に同時にすることもできます。

窓口の時間に注意する

警察署の窓口がいつ空いているかを前もって確認しておきましょう。

警察署に行ったものの窓口が閉まっていては二度手間になってしまうからです。

受付時間の確認は電話でするとよいでしょう。

ホームページで公開されていることもありますので、ネットでチェックするのもおすすめです。

お住いの地域がどの警察署の管轄になるのかも合わせて聞いておくことをおすすめします。

警察署が近くにあっても管轄が異なる場合がまれにあるからです。

証明書が受理されると後日保管場所商標が交付されますので、所定の位置に貼り付けましょう。

引っ越し代を安くするには引越し侍

引越し一括見積もりサービスはこんな方にオススメです

1.引越しまで時間のない方

時間のないときに何社も電話して見積りを取り、比較検討することは手間ばかり掛かってしまいます。 引越し一括見積もりサービスは、あなたに代わって素早く希望するだけの業者から見積りを取得することが出来ます。

2.じっくり比較検討したい方

引越し業者のサービスは同じように見えて、じつはサービス内容やオプションで微妙に異なります。 引越し一括見積もりサービスは、金額だけではなくサービス内容やオプションなども含めた見積りを取得することができるので、じっくりと引越し業者を比較検討することが出来ます。

3.とにかく安くすませたい方

引越し費用を安く済ませるには、相見積りを取ることが最も簡単な方法です。あなたに代わって数ある引越し業者からもっとも安い業者を探してくれます。

お得なキャンペーン情報や利用者のレビューもあるので要チェック!

引越し手続き
引越し村をフォローする
引越し村
タイトルとURLをコピーしました