引越し村

敷金診断士(敷金バスター)を活用しての賃貸アパートの退去費用(原状回復費用)の節約やトラブル対策、引っ越し費用一括見積もりサイトを活用して引っ越し費用を安くする方法をご紹介しています。

賃貸アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法

      2019/07/30

賃貸アパートを退去する方に、退去費用トラブル対策と原状回復費用と引越し料金を節約する方法を紹介しています。

この方法を実践することで得られるメリットとは
1.賃貸アパートの退去トラブル対策をすることができます!
2.引越し費用を節約することができます!

すべての方にメリットがあるとは言えませんが、多くの方が対象になると考えられますので試してみる価値はあります。

退去トラブル対策しながら、退去に掛かる費用を減らすためにやっておきたいことはたったの2つです。

1.引越しの見積りをまとめて取ること
2.敷金診断士(敷金バスター)に依頼すること

1.引っ越し費用一括見積りサービスを活用する

テレビCMでもお馴染みの「引越し侍」で一括見積もりしてみよう!引越し侍2

退去トラブルが社会問題となっていることから、引越し会社も顧客サービスの一環として敷金診断士(敷金バスター)と提携する会社が増えてきました。

※敷金診断士(敷金バスター)とは、
退去立会時に同席してくれる、国土交通省のガイドラインや消費者契約法、民法、借地借家法など賃貸借契約に精通した退去精算のプロフェッショナルです。(別途費用要)

敷金診断士(敷金バスター)と提携している引越し会社なら、引越し費用もさることながら退去トラブル対策することができ、預けてある敷金も全額返金される可能性も高くなります。ただし、契約内容によっては返金されないこともあります。

ただ、注意したい点が一つだけあります。

見積りの依頼をすると、仕事が欲しい熱心な引越し会社から電話が掛かってきますので、必ず「敷金診断士(敷金バスター)と提携していますか?」と聞いてください。

提携していれば引越し会社に手配などすべてを任せることができるので、改めて敷金診断士(敷金バスター)に依頼する手間が省けます。

逆に提携していない引越し会社であれば、提携している引越し会社に負けないようにと見積り金額を安く提示してきます。

もっとも重要なコツは、引越し一括見積りサイトを活用することです。個別に引越し会社に問合せ、見積りの依頼をしていては手間もかかりますし、競争意識が働きません。

一括見積サイトで競争してもらうことが、引越しを安価に済ませるもっとも効果的な方法なのです。

もちろん安ければいいというものでもありませんから、誠意のある引越し会社を選ぶこともとても重要です。

引越しで失敗したくない方は引っ越しの失敗から学ぶ引越し業者に依頼するまえに覚えておきたいことも参照下さい。

2.敷金診断士(敷金バスター)に依頼する

shikikin

敷金診断士(敷金バスター)に依頼する

残念ながら、誠意のある引越し会社が敷金診断士(敷金バスター)と提携していない場合には、改めて敷金診断士(敷金バスター)に依頼する必要があります。(別途費用要、相談無料)

引越し会社が敷金診断士(敷金バスター)と提携している場合は、担当の敷金診断士(敷金バスター)から直接連絡が入ります。退去トラブルの不安を解消してくれるので、気になることは何でも相談(無料)してみましょう!

退去立会いする際、敷金診断士(敷金バスター)に伝えておくこと

・退去日
・居住期間
・間取り
※間取りにより立会費用が変動します。
・物件所在地
・入居時に預けた敷金額
・賃貸契約書の有無
・重要事項説明書の有無
・その他の書類の有無
(入居のしおり、覚書など)
・壁や床などの汚れや破損状況

退去立会料金

間取り 調査料金(税別)
1R/1K/1LDK 16,000円
2DK/1LDK 18,000円
2LDK以上 20,000円

 
※交通費は実費、地域により料金が変動する場合があります。

敷金診断士(敷金バスター)に依頼したら、あとは引越しを終えて退去日を待つばかりです。

退去立会いの当日、敷金診断士(敷金バスター)は管理会社との待ち合わせ時間の30分~1時間前にはお部屋に来ます。

部屋の状況を明確にしておくために写真撮影を行ない、原状回復費用の概算を調査します。たとえ強面の管理会社スタッフが来ても、退去立会いがトラブルなくスムーズにいくように傍らでアドバイスしてくれるのでとても安心です。

注意事項

退去立会いをスムーズに終わらせるために行なっておいた方が良いことをまとめておきます。
1)必ず、決められた期日までに退去する旨を書面で連絡しておきましょう。
2)敷金返還金額に直接関係してくるので、いつもより丁寧に部屋の掃除を行なっておきましょう。
※業者によるハウスクリーニングは必要ありません。
3)壁のキズや床の凹みなどは、修理などせず現状のままにしておきましょう。
4)預かっている部屋のカギをまとめておきましょう。
5)エアコンのリモコンや洗濯機のエルボなど忘れやすい付属品をまとめておきましょう

最後まで読んでいただきありがとうございます。
低コストでトラブルのない引越し・退去のお役に立てれば幸いです。

引っ越し会社がまだ決まっていない方へ

引越し費用は安いほうがいい!

引越し一括見積もりサービスはこんな方にオススメです
  1. 引越しまで時間のない方
  2. 時間のないときに何社も電話して見積りを取り、比較検討することは手間ばかり掛かってしまいます。 引越し一括見積もりサービスは、あなたに代わって素早く希望するだけの業者から見積りを取得することが出来ます。

  3. じっくり比較検討したい方
  4. 引越し業者のサービスは同じように見えて、じつはサービス内容やオプションで微妙に異なります。 引越し一括見積もりサービスは、金額だけではなくサービス内容やオプションなども含めた見積りを取得することができるので、じっくりと引越し業者を比較検討することが出来ます。

  5. とにかく安くすませたい方
  6. 引越し費用を安く済ませるには、相見積りを取ることが最も簡単な方法です。あなたに代わって数ある引越し業者からもっとも安い業者を探してくれます。

お得なキャンペーン情報や利用者のレビューもあるので要チェック!

 - 賃貸, 退去 , , , , ,