運転免許証の住所変更はどうすればよいか

賃貸アパートの退去費用トラブル対策と引越し料金を節約する方法
賃貸アパートを退去する方に、退去費用トラブル対策と原状回復費用と引越し料金を節約する方法を紹介しています。

新居に引越しが済めば引越しが終わったわけではありません。

引越し前に転居手続きを済ませますが、新たな住所に引越しが終わったら転入手続きを済ませます。

転入手続きは新たに住む市役所や町村役場で済ませましょう。

転入手続きを済ませたら、住民票を発行してもらうとその後の手続きが楽になります。

住民票を発行する理由は免許証の住所変更を済ませるためです。

免許証の住所変更はどこでする?

運転免許証の住所変更は役所ではできません。所轄の警察署で手続きを済ませましょう。

警察署に出向く前にチェックしておきたいのが受付時間です。

警察署の受付時間は役所の受付時間と異なる場合が多いので注意してください。

早めに窓口が閉まってしまうことがあるので、警察署に電話を入れるかホームページで窓口の受付時間を確認しましょう。

受付時間は午前と午後に分かれていて、昼間は窓口が閉まっていることがほとんどです。

住所変更に必要なもの

住所変更に必要になるのが新住所を確認できる書類と運転免許証、印鑑です。

住民票を発行しておけば、証明として活用できます。

もし国民健康保険証に加入した場合には、保険証でも大丈夫です。

窓口で住所変更に必要な書類を受け取り、必要事項を記入して捺印します。免許証の裏面に新住所が記録され、手続きが完了します。

内容に間違いがないかをチェックしてください。

運転免許証の住所変更を先に済ませておけば、銀行口座の住所の変更などの手続きで証明書として提示できるので何かと便利です。

タイトルとURLをコピーしました